life. fine story. Diary   
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 金 佑龍LIVE SCHEDULE更新 | main | 久々のブログ更新。金 佑龍1月LIVE SCHEDULE更新! >>
9/27の横浜がえれぇー事だった件
9/27 (sun)
3月にTeteとWリリースツアーで出演した振りに
横浜thumbs upでライブがあった。

普段のライブと違い歌い手の曲を
HOSTとなるバックバンドの皆さんが
曲を覚えてくれて自分の唄のバックで演奏してくれるという
面白い試みでした。

バックを務めてくれたのは
もうベテランでいて横浜では知らない人いないやろうな4人で
Drums椎野恭一さんはGOMAさんやAJICOやMagnoliaでも
お馴染みな凄い人で
BassのトシさんもKeisonの1st ALでもMagnoliaでも最高なベースを弾いてたり
KeyのMACO T君は初めてだけどナイスな音散りばめてくれたり
Gtの長崎真吾は僕の1st ALのPora Pora、Verse book、See you letter...で弾いてくれたり

そんな4人の上で唄うのは
まあ楽しかったし
勉強になった。

てかあんまり考えれなくて
僕、頭真っ白、、、何にも無かった感じ。
緊張とかと違う
本当にえれえ初体験な感情があった。
なんも考えないの境地。w
面白かった。

そこから生まれる音の上で踊る事だけ
脳内で報告がチクイチ来る感じ、、、う〜ん表現しにくいなw

千尋とスタンブルバムの民雄さんとやれたのも大きいけど

一番良かったのは
仲良しこよしじゃなくって、、、
みんな攻めてたという事。

やっぱり戦う事の中で
生まれる敬意の念だったり
それがあるかないかで
まあまあその日の楽しい感じが変わってくるけど
この日はそこがヒリヒリしてて良かった。




この日は横浜全体がイベントの多い日で
45trioのみんな、コマチちゃん、伊原のアニキ、しんじゅ君、CHOZEN-LEEさん
バグダッドやHOMERUN SOUNDマークンと
仲間や大先輩がベイホールでやってたり
赤レンガでBLUE NOTE JAZZ FESやったり
PHONO TONESがクルーズライブやら

なかなか来てくれる人が厳しいかったけど
途中ベイホール終わりでみんな来てくれたのは嬉しかったな。
ビックリもした。


お客さんにもやけど
知ってる先輩、仲間に見られてたら
なんか萌えるではなく燃える。
うまく言えないけど。。。

ライブは良かった。最高やったし
最高に出来る様にやったと思う。


人それぞれやから分からない所もあるけど
伝わってくれてたら
次にも繋がるって思って
いつもやってるから
毎回がっつり出し切るだけ。。。


最近、対バンがどんなに仲良くっても、尊敬してても
ライブの前に頭のスイッチがカチッと切り替わる。

自分のヤル番の時は
自分が出来る事で全員に聴かせ倒したい。なんて、、、(お許しを。w)

そう思える様になったのが
此の歳になるまで持てなかった。持ってたし思ってたけど、表現というか感情と音が伴わなかった。

音楽するって
もっとふんわりしてたし、常にしていたいバランスがあって
今もふんわりな部分もあるけど、もっとなんかこう、ビビビっと焦燥感もほしいなとか、、、
対極のモノをいつも求めてしまう
とても壊れやすいから扱いにくくて
本当に求めない方が楽やけど
やるからには追求もした方が面白いと思ってやってるが

いやはや
いつになったらそれが完成するんやろか?

完璧はいつまでたっても出来ん、
それに近づいて行きたいけど


後は
もっとおっさんなっても
切れ味のある
刃物のような気持ちを
ずっと忍ばせておきたい



自分が自分でアガるライブ毎回したいから
ライブ増やしました!

今月も来月も
知らん間に10月
年末まで3ヶ月走り切って来年に繋げないと

是非ライブ来てください。

詳細はコチラ



いやあ楽しい刺激あるセッション
本当に感謝でした。
見てくれた皆さんありがとうございました。






ほな、また。
 
スポンサーサイト