life. fine story. Diary   
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
金 佑龍弾き語りワンマンツアーじっけん〜独〜まで後3日後!
横浜Thumbs up ワンマンまで後3日。
今回は初めての
弾き語りワンマンツアーという
シンプルに
自分をもう一つギアを上げて
活動したいのと
ワンマンになれば
大好きなサポートのみんなに
いつも支えて貰っているけど
金 佑龍という看板背負ってやってる上で
改めて1人で演る事の事、
自分を見に来て下さる皆さんの事、
気持ちで動いてくれていた
スタッフ、友人、先輩、知り合い
全ての仲間の事、
それを全部感じて、
責任と言うのか、
重みみたいなものを
もっと自覚したいなと思って臨みます!
勿論ツアーファイナルも
東京吉祥寺WARPにてご用意してます。
上京して
東京ではホームは吉祥寺辺りです。
それと同時に
上京して
今まで神奈川、横浜に、そこにいる尊敬する人達に

自分の音楽を形成して貰えたと思います。
弾き語りワンマンツアーは
横浜Thumbs upで絶対やりたい!
という思いありきから
始まった構想です!
生まれは違うけれど
僕のホームは
神奈川であり横浜です!って言いたいです!
ツアー初日の
茅ヶ崎FROGGIESから始まり
大阪CONPASS
そして明々後日Thumbs upへ
それ以降もHPにアップしてるので
ツアー追加公演チェックして貰えたら
嬉しいですが
ツアーちょうど折り返し地点に
Thumbs upが僕の中で
重要な日になります!
今色んな方々に
久しく連絡取らせてもらったり
普段からの付き合いのみなさんにも
連絡出来たりしてて
色んな言葉貰えてとても感謝です!
自分でする事を自分の声で
色々な人に言うのが
どっちかと言うと下手ですが
今回連絡出来たりした事で
とても良かったと思いました。
言葉では
気恥ずかしい所もありますが
とにかく
明々後日3月31日(fri)@横浜Thumbs up

ぜひ会場にてお待ちしてます!

3.31 fri
@YOKOHAMA Thumbs up
金 佑龍初の弾き語り
全国行脚ワンマンツアー
〜じっけん・独〜
LIVE
金 佑龍
☆各地ツアー先の
形態の趣向を変えております。
普段とは違った演奏をお楽しみ下さい。
OPEN/START/19:00/20:00
ADV/DOOR/2500yen/3000yen(+1D)
チケットのご予約は→
http://stovesyokohama.com/contact/
YOKOHAMA Thumbs up

当日お待ちしてます!!!
あいつの酔い顔を思い出す

あいつの笑う顔を思う
夜中飛び込んだバーの奥
タリスカソーダが喉元で
通り切らずに声が出た


財布の中から零れ出る
金よりため息が先に出る
生きてた証を探してく
薄暗いライトを照らしてる

まだ見ぬ世界へと
迎えた君はただ
人よりも走り抜けて
駆け抜けた
銀色に光った服を纏い


青春の記憶を覚えている
足並みが揃わぬ生活の中
一口のお酒に喜んでた
あいつの酔い顔が目に浮かぶ
さあこれからどこへ
行きましょうか
さあどこまで生きましょうか?
奴なら
見守ってくれていると
信じて
僕らは息を吸い吐く
昨日の初の名古屋得三!にて
昨日は名古屋得三にて
夕凪と金佑龍遊ぼう小音楽旅行のツアー
来て頂きありがとうございました!
夕凪の優しさにお客さんの優しさに
得三スタッフさんの優しさに
エロオヤジよへい君のエロ感に包まれ
得三でやり切れました!
緊張してライブ中に
磔磔!と間違えて
叫んでしまった事許してくれた得三に
感謝です。 無意識で言ったので自分は
気付いてないと言うミラクル!
せいこさんから愛の言葉として
大阪で一番アホなミュージシャンの
称号を図らずとも頂いてたりして
得三で朝5時まで呑み
解散するかと思ったら
朝の新幹線の時間の6時半過ぎまで
せいこさんが飲みに付き合ってくれて
本当に嬉しかったですし 感謝です。
今回の得三やれたのは
せいこさんのお陰です! 飲み終わってせいこさんが
帰るうしろ姿を見えなくなるまで
送りました!
せいこさん本当にありがとうございました!
夕凪の保さん、けめさん、
石井さん、藤山さんとも連日可愛がってもろていつもありがとうございます。
得三の森田さん、イズミさんとも
呑みつつお話出来たりしたのも
嬉しかったです!
又得三行きたいなー。 DJのサブカルエロオヤジことよへい君に
やってもらえたのも嬉しかったし
沢山味方に見に来てもらえたこと嬉しかったです!
次は18日Bar chitchat 31日横浜Thumbs up弾き語りワンマン! 是非来て下さい!